「ほっ」と。キャンペーン

まめ福


インテリア と デザイン と くらし
by mgrm

<   2005年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

オープンエアー

f0124733_9422698.jpg

原爆資料館の前の道を南へ下っていくと
このゴミ処理場に突き当たります。
ホント、いきなりドーンと突き当たるのです!
そこへ、ごみ収集車が吸い込まれていきます。


f0124733_9404571.jpg

ヌーっと突き出したテラス
目の前には海が広がり、
デッキチェアーに寝そべって、
昼間っから、
キリリと冷えたワインなんか飲んじゃったりして
それにしてもオープンエアーで、
気持ちが良さそう・・・・



これは、谷口吉生さん設計の
広島市環境局中工場(エコリウム)、
ゴミ処理場の一部なんです。

住宅でもこんな気持ちの良いテラスがあったらいいなぁ・・・
夜は、満天の星空を見て
昼の暑い時は、簾を掛けてバーベキューをしたり

なによりも空中に浮いているところが
心をウキウキさせることでしょう!




■広島市環境局中工場

 □設計:谷口吉生/谷口建築設計研究所
 □所在地:広島県広島市中区南吉島1-5-1
 □用途:清掃工場
[PR]
by mgrm | 2005-10-28 09:39 | デザイン

こんなところにも!

f0124733_944792.jpg

橋の欄干

f0124733_9444140.jpg

マンホールの蓋
[PR]
by mgrm | 2005-10-27 09:43 | デザイン

つながり

f0124733_9454255.jpg

広島駅からバスに揺られて45分
「出来庭」バス停で下車して
山の方に向かって歩きます。
坂の途中で、見上げると銀色に輝く建物があります。
「筆の里工房」です。
バス停から20分ほどです。

ここの展示室の雰囲気は、心が落ち着きます。
落ち着いてはいるんですが、禅寺のような
背筋をピン!と伸ばさせられるような、
ちょっとした緊張感みたいなものもありました。

展示物と自分との間にはガラスが一枚あるのですが、
下に敷き詰められている石が
展示側と自分側をつないでいるので、
作品が身近に、また一体感があるように感じられます。



■筆の里工房
 □住所:〒731-4293 広島県安芸郡熊野町3115-1
 □TEL:082-855-3010 FAX:082-855-3011
 
[PR]
by mgrm | 2005-10-26 09:45 | インテリア

手のしごと

f0124733_9465382.jpg

少し弾力のある馬毛でできた洗顔筆。
キメ細やかな泡が立ち、
一本一本の毛先が極細になっているので、
洗顔する時に毛穴の汚れをかき出してくれます。

まぁるい穂先は、なんとなく愛らしくて、
そして、立てて置いておけるのが便利です。


これは、広島の熊野町というところで作られたもの。
日本全国のシェア8割を占める熊野町の筆は、
毛筆、絵筆、化粧ブラシ、
有田焼の絵付け、アンパンマンやジブリでも使われています!

筆の作っているところを見学してみたんですが、
何度も櫛で毛をといだり、揃えたり
一本一本手作業のすごい手間なのです。

自分の使っているものの
作っているところを見ると、余計に愛着がわいてきます。

■熊野町
 □アクセス:JR広島駅から広島電鉄バスで45分
       【乗場:JR広島駅「13番乗場」】
[PR]
by mgrm | 2005-10-25 09:46 | デザイン

美術館への提案!

SOGO広島店の「古代エジプト展」には
「プタハ神とトト神の前にひざまずくラムセス2世のレリーフ」
というものが展示してあります。
高さ425 幅1350 の石灰岩でできた
長細い彫刻された石板です。

???
???
???
((((((((((; ̄ー ̄)ノノ

なに?
なに?

図録によると、これは入り口の門の上方にあったまぐさ石なんです。
(まぐさ石:窓や出入り口の上部に架け渡して、上からの重みを支える横材として用いる石)

こうやって、文章で説明されても
いまいちピン!ときませんよね。



どこの美術館でもそうですが
・作品名
・時代
・材質
・大きさ
が書いてありプレートはあります。
そこに、どこの部分のものなのかイラストをちょこっと入れてもらえると
わかりやすいのになぁ~
と思うのは、私の勉強不足だからでしょうか?
[PR]
by mgrm | 2005-10-24 09:47 | インテリア

触らないで光線!

「光と陰」つながりで
SOGO広島店の「古代エジプト展」での観察報告!

会場の構成として
第一部 神々との対話
第二部 再生復活への祈り
第三部 冥界への旅立ち
と三部構成になっていて、進むにつれて照明がだんだん暗くなっていきます。

入口のすぐのところに展示してある
「ライオンの像」や「柱頭」などは、
部屋全体も明るく、さらにスポットライト照らしてあります。

出口付近の「石棺の蓋」などは、
部屋全体もうす暗く、スポットライトもかなり落としています。

展示品は、全て本物。
本物なのに、上記のものは、囲いのみでガラスケースに入っておらず
手の届く距離です。

じっくり観察していると、
明るく照らされた展示物を、こっそり触っちゃう人が結構いるんです。
逆に、薄暗いほうは、触る人はいないんです。
明るい方は、よく人の行動も見えるから監視員に注意されるリスクが高いにもかかわらず!

暗い方が「石棺」だからあまり触りたくない!っていうことも多いにあり得ますが
普段の生活のシーンを考えてみますと
ドラッグストアやコンビニやユニクロ、GAPなどの大衆的なお店は
照明がこれでもかーーー!てぐらい明るくしています。
逆に、宝飾店やブランドショップなどは、照明がやや落としてあります。
これは、高級感を出すためでもありますが、
むやみやたらと触らないで!ということも
光の効果としてあるではないでしょうか。
[PR]
by mgrm | 2005-10-22 09:48 | インテリア

あのAZUMIさん!!(その2)

梅田のイーマ6階のシャンデリアを依頼された安積さんは
「照明器具をデザインするのではなく、光と陰をデザインしよう」
と考えられたそうです。

今、広島SOGOで「古代エジプト展」が開催されています。
展示品の中で
「ヘネニの偽扉」(W1040 × H1710 石灰石 )があります。
当然、これ自体は発光していないんですが、スポットライトが当たっていて、
偽扉全体が満月の光のように、光を放っているのです。
(それも4255年の歴史の輝き!!!)

「あかり」といえば照明器具ばかりがフィーチャーされたきましたが、
純粋に「光」と「陰」という観点からみた「照明」、
「光と陰のデザイン」こそが本来の「照明」なんだと
改めて感じた講演でした!



■イーマ

□住所:大阪市北区梅田1丁目12-6
□電話:06-4796-6377(代表)


■SOGO 広島店

□「古代エジプト展」
  10月14日~11月6日まで
  大人1,200円
□住所:〒730-8501 広島市中区基町6-27 
□電話:082-225-2111
[PR]
by mgrm | 2005-10-21 09:48 | インテリア

あのAZUMIさん!!(その1)

インテリア産業協会主催の「2005住文化フォーラム」に出席しました。
テーマは「感性時代の新しいライフスタイル」ということで、
ゲストのひとりは、安積朋子さん。
気づきませんでした。
あの「AZUMI」の安積さんだとは!!! ( ̄□ ̄;)!!

あの「AZUMI」の安積さんとは・・・
ロンドンを拠点に家具・プロダクト・インテリアの デザイン活動を繰り広げている
デザインユニット(安積朋子と安積伸)。室内スペースデザインも手がける。
ミラノ・サローネにも数多く出展してます。

エルデコで、よくお見かけ致しますが、
ナマで見れるとは!!!

安積さんのデザイン
・2つ以上の機能を持つ家具
・素材と製造工程
・生活の細部の観察と改善
・歴史との対話
・光と陰
・コミュニケーションとエンターテイニング
[PR]
by mgrm | 2005-10-20 09:49 | インテリア

なりきれるお店

f0124733_9512980.jpg

難波の高島屋東別館の1階にある「finerefine」というインテリアショップに行ってきました。
かなーり、わかりずらくて、迷いました。
ヾ(▽ ̄;ヾ) )))...((( (/; ̄▽)/


“心の充足感が続く”商品とサービスを、時代と歩調を合わせながら大人の女性目線で提案するライフスタイルストアで、銀座と難波の2店舗があります。

ターゲットは、“暮らしのゆとりを求める大人の女性”。
上質で飽きのこない、ディティールにこだわった家具や、
豊富なカラーと素材から、自分らしさを表現できるファブリック、ギフト
という視点でセレクトした雑貨を取り揃えているそうです。

店内は、生活シーンによってブースが分かれていて
インテリアイメージによって壁の模様が微妙に違います。
「あー、将来こんなお部屋で暮らしたいわぁ~。
そしたら、このソファーでワインなんか飲んじゃったりして・・・・」
なんて、想像が膨らむ、膨らむ。

“半歩先の豊かな生活”を体感できる店内と店員さんは言っていましたが
ホント、体感できました。
なりきれました。


店内で、一番のお気に入りは、クッション売り場。
ソファーが置いてあるブースの壁に、
5段ほどラックがあって、たくさんのクッションが並んでいます。
色とりどり、デザインも豊か。
クッションにつけるアクセサリーもあります。
新しい発想!!! 
\(≧▽≦)丿\(≧▽≦)丿\(≧▽≦)丿

クッションひとつでも、部屋のイメージがガラリと変わったりします。
ちょっとした、お部屋の模様替えに便利なクッション。
お店でクッションを見ていると、いつもあれもこれも欲しくなってしまいますが、
そんなに、クッションがあっても・・・といつもあきらめていました。

ファインリファインのクッション売り場のように
お部屋にクッションラックを作って、たくさんのクッションを並べて
今日は、このクッション!
って気分によってクッションを変えてみるのもいいかもしれません!

インテリアのアイデア満載のお店でした!



■ finerefine (ファインリファイン)難波店

□住所:大阪府大阪市浪速区日本橋3-5-25 高島屋東別館1F
□tel: 06-4396-7111
[PR]
by mgrm | 2005-10-18 09:50 | インテリア

BRASSERIE TOOTH TOOTH

f0124733_9523830.jpg

三宮のBRASSERIE TOOTH TOOTHでランチ!
お天気も良く、テラスに。青空と風がそよそよ、サイコー!!!
・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・
って言いたいとこですが、店内に流れるBGMの音がやけに大きい・・・
先日行ったこの近くのカフェでもそうでした。
大声で喋って、とっても疲れた記憶があったんで、ボリュームを下げてもらうようお願いしました。

なぜ、こんなに音が大きいのか。
実は、店員さんのためなんです。
このお店も、とても人気があってランチには行列ができます。
忙しいのを、ガンガンの音楽で、
ノリノリで乗り切ろう!ということなんです。
でも、お店って誰にサービスするところ????

お店のHPでは、
”使い込まれた古材をふんだんに使ったロフト感覚の店づくりは、
自然を慈しむオーガニックな「なごみの空間」”
と。ちなみに、BGMは、なごみとはかけ離れていた・・・

飲食店は、オイシイお料理をサービスするのが大前提。
そして、心地よいサービスを提供する。
その心地よいサービスのひとつとして、BGMがあります。
うちは、こういうテイストのカフェなんですー!
と謳っているのなら、やはりそれに徹して、「なごみ」を追求するべきです!

じゃないと、お料理オイシかったし、
インテリアかわいかったし、
もったいなーーーい!

たぶん、もう、音、大きくない ハズ です。

写真は、おトイレです。
カードが、ペタリぺたり!

f0124733_954384.jpg


Bランチは
スープ + お魚 or お肉料理 + パン食べ放題 + ドリンク
で1,000円です!
写真は、野菜の下にサンマが隠れてます!

パンは、めっちゃおいしくて、
フルーツの入っているバゲットがオススメです。



■BRASSERIE TOOTH TOOTH
□神戸市中央区伊藤町108番地 ダイヤ108・3F
□OPEN AM11:30~PM23:00 不定休 
□TEL.078.332.3052
[PR]
by mgrm | 2005-10-17 09:51 | インテリア


カテゴリ
ラブログ♡
タグ
ライフログ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧