まめ福


インテリア と デザイン と くらし
by mgrm
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

しんぷるらいふ

f0124733_1511296.jpg


2008年になって、1ヶ月が経とうとしています。
新年に立てた今年の目標、ちゃんと覚えてるかなぁと思って。
(まだ1ヶ月しか経ってないのに忘れ気味!)

 ☆ 筋力アップ、三半規管を鍛える!
   (大腿筋を鍛えると、代謝もアップして美容にいいんだって!
    乗り物酔いしやすいので、目をつぶって片足立ちで平衡感覚を鍛える)
   
 ☆ 人見知りを直す
   (自分では、人見知りだと思うので、誰に対しても、いつでも笑顔!!!)

 ☆ お家をきれいにする
   (掃除を極める!お掃除グッズマニアには終わらせないぞ!)

 ☆ 英会話をはじめる
   (将来のお仕事のために!ね!)

 ☆ ブログをできるだけ書く
   (今年に入って、マメに更新してみたら、なんとなーく生活や心境に変化が!)

 ☆ ゆとりの精神、思いやりをもつ
   (結構、自己中なわたし。大きい心と優しい心で!)

 ☆ 手紙を書く
   (いつか、そちらにお手紙が舞い込むかも。よろしくおねがいしまぁす!)

そして、「しんぷるらいふ」を実行する!
「しんぷるらいふ」とは(saっちゃんレコメンド!)かわしまよう子さんの書いた本。

  しんぷるらいふ ものや自然を大切にしながら小さな花を咲かせる暮らし

   しんぷるらいふ10か条
    1. 自然を好きになること
    2. 似ているもの探しを得意にすること
    3. 昔ながらのものを大切にすること
    4. 手を動かすこと
    5. 収納についてよく考えること
    6. 少しの材料で料理ができること
    7. ゴミ箱を小さくすること
    8. 小さな花を飾ること
    9. 小さな夢をもつこと
   10. 小さな事を大切にすること
   そして、旅をすること!


今はまだ、白い紙に線だけの絵(生活)だけど、
濃い色、薄い色をつけて、奥行きのある絵(生活)にしたーい!


にほんブログ村 インテリアブログへ





      
[PR]
by mgrm | 2008-01-31 15:55 | 暮らし

炉開きにみる茶道の心

f0124733_9285944.jpgいていたら、遭遇した「ねこ3兄弟」
寒いので、じっとしててちっとも動きません。
昨日の夜、お風呂に入っていて
ふと思ったんだけど、
みなさんのブログを読んでると
いろんな所にでかけてるのよね。
ここ最近の私のブログを振り返ってみると
私って、かなりのインドア派なんだなと。
このねこみたいに、
じっとしてちっとも動いてないぞ、と。
だけど、今日も本のお話。


f0124733_9395227.jpg
「文藝春秋」に掲載した広告シリーズを集大成にした本。
ビジネス書とは違うので、そのつもりで読んだ私は
物足りない感がちょびりっと。
でも、その中で心がぽっと火が点った一節を。

  " 「炉開き」が知らせるホテルの冬 "
    11月、昔は柚子の南区の色づく頃、
    行われたという炉開き。
    それまで使っていた風炉釜を片付け、
    畳に炉を切る、茶道の行事です。
    寒くなるとお客さまに火を近づけておもてなしするーーー
    炉開きにみる茶道の心は
    ホテルに通じるものがありそうです。


今は、事情により中止している茶道のお稽古ですが、先生から、お手前の順番なんかは覚えなくていいの。一椀の茶を相手のために一生懸命に美味しく点てる、そういう相手をおもいやる精神を学びなさいと一番最初に言われたのを思い出します。

帝国ホテルなどの一流ホテルで一流のおもてなしをされたい
そう思いながら読み始めた本ですが
まずは身近な旦那さんに一流のおもてなしをして(おもてなしの心をもって)
一流ホテルは、自分がおもてなし名人になってから、と読み終わる頃に。


帝国ホテル 茶室「東光庵」
設計者の村野藤吾さんは、昭和を代表する建築家のひとり。広島世界平和記念聖堂、大阪そごう百貨店、神戸大丸があります。最近は、建物の老朽化により取り壊されて、村野建築を目にすることが少なくなりました。カナシィ・・・・



にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by mgrm | 2008-01-30 10:21 | インテリア

エコなまいにち

f0124733_11301883.jpg
いですねぇ、毎日。
ガソリンや灯油高が毎日のようにニュースでやってますね。
でも、あんまり影響を受けてないんですよ、ウチ。
だって、ドイツのファシ男くんが私をあたためてくれるんですもの。グーテン ターク!
あ、ファシ男くんっていうのはfashyの湯たんぽのことですね。
fashyの湯たんぽ
今度は、ガイジンの男と付き合っとんかー!
と思われた大勢の皆様、ご期待に沿えずスミマセン。
(って、誰も思ってないか)

分厚い肌着、セーター、フリース、靴下2枚、毛糸のパンツ、ズボン
あたし、全部着てます。着込んじゃってます。
(今後、マフラー、スパッツが増える予定)
で、ファシ男くんにあっためてもらってるので、
ストーブもこたつも要りませんっ!
でも、こんな姿は、誰にも見せられませんっ!

f0124733_11364173.jpg私とお財布にやさしいファシ男くんの生まれ故郷のドイツは
環境先進国として環境にもめっぽう優しいと、
旅の途中で聞いたのは、12~3年前。
道の脇に大きなコンテナが置いてあったっけ。
細かい分別に加え、ゴミ回収が有料だという。
ゴミを捨てるのにもお金がかかる!って
初めて聞いたときは、ビックリしたけど
ゴミ集積所を見て、
日本も有料にしてもいいんじゃないかなー、
なんて最近ほんのり思う。

みなさんは、どう思われますか? アォフ ヴィーダーゼーエン


追伸 写真は谷口吉生さんが設計したしたごみ処理施設「広島中工場」です。


にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by mgrm | 2008-01-29 11:40 | 暮らし

「気」になる実のおいしい季節

f0124733_10584214.jpg

沿いの遊歩道を散歩していると、
紫の実のついた小枝が地面にたくさん散らばっていました。
まるで、台風の後のように。
ボランティアの方が、よく枝打ちとかしてくれているんだけど
その都度、キレイに掃除もしてくれて、枝の山がそのまま・・・ってことはないんですね。
木が生き残るために葉を落とすっていうこともあるけど
青々としたまま、小枝ごと落とすってことあるのかなぁ、なんて。
「なんだろうねー」って言ってる矢先、目の前に紫の実のついた小枝がポトリと落ちてきた。
拾って見てみると、小枝は、誰かにちぎられたような痕跡。
するとバサーッっと羽音をたてて、頭の上を一羽の鳥が飛び立っていった。

上の写真は「因島のはっさくゼリー」。
ちなみに、この子の名は " はっさくボーイ "。
地の水色といい葉っぱの緑といい
「ぼくぅ、おいしいんだよ」と恥ずかしそうに小声で言っているような、
そして、なんといってもヘンテコな鼻をもつ、このはっさくボーイ君に
一目ぼれして買ったんだけど
うぅむ、どうなんだろう、このネーミングは。

f0124733_1115562.jpgこちらは、JA広島果実連の瀬戸田みかん。
小粒ながら、甘さがぎゅぅぅっと詰まってて、
とってもとってもオイシイ!
こちらの女の子は、ちょっと積極的で、
クラスで頭の良い子グループの中の一人っぽい。


「木」になる実のおいしい季節です。
みかんも、紫の実も。


にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by mgrm | 2008-01-28 11:05 | デザイン

日東紡の新しいふきん

f0124733_145661.jpgと嫁は新しいほうが良い
なぁんて言いますが、
「ふきん」も新しいほうが良い!

結婚時に、お友達からススメられて
色々と浮気もしましたが
やっぱり「日東紡の新しいふきん」!

なんといっても、吸水性がバツグン!
42cm×71cmと大判なので、
何かと使いやすい!

このクラシカルなパッケージも
1/24のブログに書きました
だいどこにもピッタリ しっくりくる。

f0124733_14564084.jpgこの日東紡の新しいふきんは、
「暮しの手帖社(※)」との
共同開発から生まれた新しい作品で

 ・水をとてもよく吸う
 ・洗っても洗っても丈夫
 ・生地がしなやか
 ・ふいた後ケバがつかない
 ・使いよいたっぷりした大きさ

という特徴があります。
また、使い方では、
「1家庭に12枚以上は必要です」とあります。
お天気の具合、お洗濯をして衛生的に使うため、
用途によってふきんを換えるため
といいますが、12枚も!!
台所のタオルは、朝昼晩と換えているのですが
ふきんは、1日一回。
こりゃ、毎回換えた方がいいんですかね?

みなさんトコのふきんはいかがですか?


追伸
旦那さんは、新しいのより今のがいいです♪


日東紡の新しいふきん
http://www.nittobo.co.jp/business/textile/yarn_textiles/fukin.htm


暮しの手帖社
暮しの手帖社の前身、衣裳研究所は、昭和21年3月に創業。昭和23年9月に、健康をささえる「食」と、家庭を守る「住」をとり入れ、『美しい暮しの手帖』(のちに『暮しの手帖』と誌名を変更)を創刊。これと同時に暮しの手帖社に社名を変更。どれが役に立つ商品か、消費者の立場に立った実証主義のテストを行う。また、「本当に良いもの」をメーカーと共同研究して商品を生み出している。



にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by mgrm | 2008-01-27 15:17 | 暮らし

旅はゲストルーム

f0124733_10245731.jpgいを過去に馳せる・・・

できたてホヤホヤのマカオのゲストルームは
設備機器が最新鋭だった・・・・・ような

ストックホルムの老舗ホテルのゲストルームは
敷かれた絨毯がすごかった・・・・ような

ヴェネツィアの王族の家だったホテルのゲストルームは
ロビーは豪華だったけど、部屋は質素だった・・・・ような

旅の記憶はよみがえってきても、
ゲストルームの記憶がどうもイマイチでして・・・

f0124733_10374496.jpg著者の浦一也さんは、建築家・インテリアデザイナー。
日建設計を経て日建スペースデザインを設立。
現在、同社の代表取締役。
ホテルに着くなり、室内を測りまくり
ホテルの便箋にスケッチをする。
そのスケッチと旅のエピソードをまとめたのが
この「旅はゲストルーム」

ゲストルームには
本当にさまざまな間取りがあることに驚かされる。
どれも似たり寄ったりと思ってたら
オオマチガイ!でした。
限られたスペースをいかに機能的に且つ
ホスピタリティーの溢れた空間にするか。
うぅむ、奥が深いですな。

読み進めるにつれ、
今まで、ゲストルームのスケッチ、いや
写真すら撮ってこなかったことが
もったいなく思えてくる。

これからは、旅の思い出とともに
ゲストルームの思い出も作っていこう!

さぁ、旅に出よう!!!


日建スペースデザイン
http://www.nspacedesign.co.jp/

にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by mgrm | 2008-01-26 10:59 | 暮らし

イリヤ・カバコフ「世界図鑑」

f0124733_1051985.jpg

リヤ・カバコフ(1933-)は、旧ソ連生まれで現在ニューヨークで現代作家として活躍中。
カバコフが1950~1980年に手がけた絵本約100冊とその原画1000点を展示したのが、
今回の " イリヤ・カバコフ「世界図鑑」 "

f0124733_1121225.jpg
かなり見ごたえありました!
展示室が迷路のように、なっ
ていて、その壁にぎっしりと
カバコフの絵本の挿絵が。
自分がね、物語の中に入っ
ちゃったみたいに。

鮮やかに色彩をはなつ美し
い原画の中で、一際きらめ
いていたのが、「ピンク」色。
ブルーもグリーンもオレンジ
もきれいな色をしてたのだけ
れど、「ピンク」がとても印象
的でした。なんと表現したら
いいのかな、絵の中の色の
一つだけど「ピンク」には物
語がもう一つあるような、色
が物語を語っているような、
うぅん・・・。

本当に、一枚、一枚、ていね
いに描かれていましたよ。
「一日は労働で楽しくなる 
ソ連人民の労働についての
詩集」なんて、社会主義国の
子どものあるべき姿を教える
啓発的な内容が多かったの
ですが、これから大人になっ
てゆく子どもたちへ、「知る」
ということのお祝いカードの


f0124733_112333100.jpg
ように、ていねいにていねいに描かれていました。
きっと、カバコフは、子どもが好きなんだろうなぁ。

そんな、カバコフですが、
右の「ぬりえアルバム」という作品では、
絵の背景に描かれている線文字で
「ファッ○ ユー」
なんて、書いちゃってるんですよ。
子どもに向かって!!!

あはは、オチャメおじぃさんね。




にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by mgrm | 2008-01-25 11:32 | デザイン

理想の 「 だいどこ 」

f0124733_103624100.jpg


理はとっても創造的な出来事。
楽しくって、、そして、たくさんの想像がムクムクとふくらむ楽しいキッチン!
テーマカラーは、もちろん食欲がわく「赤」!

作業用テーブルには、MARIMEKKO(マリメッコ)(※1)の [ UNIKKO ] をテーブルクロスとして。
天井には鳥の照明が飛び(1/17の日記)お花やグリーンをたくさん飾って!
お料理する楽しい気持ちが空高く羽ばたきます。

f0124733_1047070.jpg


でもね、もっと今のキッチンを良くしたいんだ。
「 キッチン 」というより、「 台所 」っていう風に。
「 だいどころ 」というより、「 だいどこ 」っていう風に。
高さはちょっと低めの70cmぐらい、100%植物油のオイルフィニッシュ(※2)の木のテーブルで、
煮込み料理のくつくつという音を聞きながら、
あたたかいコーヒーを飲みながら
うっとりするような甘いお菓子の焼ける匂いをかぎながら (お菓子作れないけど。えへ)
ブログを書いたり、仕事をしたり、絵を描いたり・・・したいなぁ。

MARIMEKKO(マリメッコ)
1951年、フィンランドでテキスタイルブランドとしてスタートしました。現在は、ファッション,インテリア,バッグ,生活雑貨etc・・・ハッピィーな配色とデザインが印象的なテキスタイルです。[ UNIKKO (けしの花)]は、マイヤ・イソラのデザイン。彼女の素晴らしいインスピレーションは、切れないほどの旅で生まれたそうです。


オイルフィニッシュ
油性の塗料を木材の繊維の中にしみ込ませる塗装方法。
木材の表面に浸透させ、拭き込んで仕上げる塗装方法で、内部に塗膜をつくるが、 木材表面には塗膜をつくらないため、木材がもつ本来の質感や美しさが損なわれないというメリットがある。



にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by mgrm | 2008-01-24 11:22 | インテリア

雨の日の風景

f0124733_1295026.jpgレーの空から冷たい雨粒。
最近、冷たい雨の日が多いですね。

いつの頃からか
雨の日はキライになってました。
ある建築を見るまでは。


f0124733_1210084.jpg浜松市にある「秋野不矩美術館
その美術館を訪れた時も
今日のように雨でした。
設計は、藤森照信さん(※1)
雨に濡れる漆喰の外壁がとても美しかった。
天気によって、表情がこんなに変わる、
そして、雨によってこんなに美しくなる建物を初めてみたのです。
この美術館を見てからは、
雨の日は雨の日なりの
美しい景色を探しています。

f0124733_12101343.jpg今日の冷たい雨の中いつも行く図書館に。
ロビーには、市民ギャラリーがあり
いつも目を楽しませてくれます。

「こどもの絵画展ー20年の歩み」 (※2)

これら、小さなアーティスト達は
今は大人になっています。
そう、
子供の頃に描いた絵が
時を越えて、今、展示されているのです。

f0124733_12102456.jpgタイムカプセルのようなステキな企画!
もちろん、
そこには自分の描いた絵はないけれども
私も一緒に子供の頃にタイムスリップ!
大胆な構図や、鮮明な色使い。
子供の頃の発想は、自由だったのよね。
何も、縛られず、上手く描こうと思わず。
気の赴くままに、
気持ち良く線をぐんぐん延ばしてゆく・・・・

今日も、雨の日が好きになる景色を見つけました。


※1 藤森照信san (建築家)
http://tampopo-house.iis.u-tokyo.ac.jp/
お家の屋根にタンポポが咲く「タンポポ・ハウス」、屋根の頂上に松が伸びる「一本松ハウス」 、ゲゲゲの鬼太郎の家みたいな、木の上にあるお茶室「高過庵」。子供の頃、夢に描いた家を実際に建てちゃう、そんなファンタスティック建築家。大好きな建築家さんです。



※2 「こどもの絵画展ー20年の歩み」
http://www.ph-hyogo.com/rs/
姫路市にあるギャラリールネッサンス・・スクエアの開館20周年記念展の巡回展示。



にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by mgrm | 2008-01-23 12:51 | デザイン

バスルームでパスタのススメ!

f0124733_11203370.jpg


トロなパッケージデザインに惹かれて買ってみました。
「ロゼット洗顔パスタ」 天然イオウ配合です。
バラの飾り枠が、小さい頃お母さんが使っていたような化粧品を思い出させてくれます。

しかし、パスタ?ってなんだ?
スパゲティーみたいに長い長~い洗顔石鹸なのか?
はたまた、マカロニみたいなコロコロした形の石鹸なのか?
パッケージだけで、想像は膨らみます。(膨らみすぎ?)

洗顔ネットで泡立てます。ぶくぶくぶく
ふわふわの泡が顔を包むと、いい香り♪
赤ちゃんにつかう、天花粉の香りがします。

天然イオウの角質軟化作用により、古い角質を取り除き美しくキメの整った肌に保ちます。
オリーブオイル・ココナッツオイルを配合、洗いあがりのつっぱり感がありません。
天然イオウ、甘草エキス、ピオニンの薬用成分を配合、肌荒れ、ニキビ等の肌トラブルを防ぎます。


・・・とあります。
懐かしいパッケージデザインだけじゃなく
懐かしい香りだけじゃなく
本当に、自分が赤ちゃんの頃の肌にタイムスリップして
洗顔後、鏡に映る私のお肌は、吸い付くようなもちもち、むちむちのお肌!
そんな気(妄想)がしてきます。

ちなみに、「パスタ」とはドイツ語で
医薬品の粉末を比較的多量に含む軟膏剤,泥膏,泥剤のことを言うそうです。
あはは、そういうパスタだったのね。


にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by mgrm | 2008-01-22 11:40 | デザイン


カテゴリ
ラブログ♡
タグ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧