まめ福


インテリア と デザイン と くらし
by mgrm

<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

憧れのサロンマダム


f0124733_11514919.jpgromちゃん
「Yoga+ぷらす」 や 「和+ぷらす」
というお教室を主催しているので
ちょっと気になって手にとった本。

著者の鬼頭郁子さんは、
旬を取り入れた花とテーブルの教室
「ザ ハウス オブ ファインアーツ」主宰されています。

お教室を主催するにあたっての苦労話
そして、ステキな出会いなどの内容。

ふぅん
思っていた以上に自宅で
お教室するのってタイヘン!!私にはとってもムリ!

いつも、いつも、
温かいおもてなしと、おいしいお料理を作ってくれるdromちゃんを
益々スゴイ!と思わせてくれた一冊でした。
[PR]
by mgrm | 2008-10-31 11:33 | 暮らし

甘くて切ない「ガラスの十代」 (がばい旅行記 ⑤)

f0124733_1159055.jpg糖の
シャリシャリは、罪悪感の味

繊細なものを傷つけてしまった
「ガラスの十代」(←古い・・・ですか)
のような食感の
佐賀名物
   「小城羊羹(おぎようかん)」

駅前の和菓子屋さんで、
小城羊羹のシャリ感を楽しみつつ、しかし罪悪感にもだえて目線を上げてみると・・・・・
f0124733_12164393.jpg



f0124733_12191378.jpg

                        →
                        →
                        →


ノーコメントとさせていただきます・・・



f0124733_12281737.jpg

佐賀平野の空は大きかった。

「オシャレなおトイレ」の件は、
この大きな空のように、大きな心をもって
水に流そうと思う。

がばい旅行記、これにて、おしまい!


オシャレなおトイレに入りたい人!
小城羊羹初祖 村岡総本舗 (佐賀駅北口店)
佐賀市駅前中央1丁目13番21号
(0952)30-5676

[PR]
by mgrm | 2008-10-28 12:33 | インテリア

caffe 印路語 (がばい旅行記④)

f0124733_1134527.jpg

賀市内でおそらく一番オサレなカフェ
今日のランチは、ここ、「印路語(インディゴ)」で。

向かう道中、呉服元町アーケードを歩いていると
現地人らしきオヂ&オバサンが
「印路語のコーヒーは、おいしいよね」
と話しているのを小耳にはさんだ。
印路語のまわしものかっっ!
と思うほど、タイムリーなネタだったので
期待に胸が膨らみました。
(本当に、膨らめばいいのに!)

f0124733_11572083.jpg

外観 「トンバイ塀」 (写真左)
登り窯を築くために用いた耐火レンガ(トンバイ)の廃材や、陶片を赤土で塗り固めて作った塀

店内 (写真中央)
店舗内の奥の壁には、絵付け前の素焼きの有田焼を壁に埋め込んであります。
カウンター内には、美しい有田焼のコーヒーカップ

床 (写真右)
店内の床には、有田焼の陶片が埋め込まれたタイル

f0124733_12134876.jpg
高菜ベーコンのパニーニ!
いかにも九州かなと思いオーダー。

右写真の手前のカップが
三川内焼(みかわちやき)
奥2つが有田焼

f0124733_1219468.jpg
ドドーン!
トイレもすべて有田焼なんです!
ほぉぉ~ ため息がでます。

現地人オヂ&オバサンの噂通り、
コーヒーおいしかった。
そして、高菜ベーコンパニーニも。
高菜とチーズの
絶妙なハーモニー♪

佐賀市に行かれた際には
ぜひオススメしたいカフェです。


■caffe 印路語(インディゴ)
佐賀県佐賀市呉服元町5-15
0952-25-1227

[PR]
by mgrm | 2008-10-26 12:26 | インテリア

熟成した建物 (がばい旅行記③)

f0124733_16295133.jpg

旧三省銀行

秋の気持ちの良い光に照らされた
白い壁に映える緑青(ろくしょう)の扉。
果物が熟成すると
「熟れる(なれる)」というけれど
建物でも「熟れる」ってぜひ表現したいな~。

熟成した建物!

緑青:銅の表面にできる緑色の錆(さび)。


f0124733_17364893.jpg大隈重信旧宅

天保の時代に建てられた
武家屋敷で、国指定の史跡。
隣に、記念館があるんだけど
高度成長期の遺物って感じの
コンクリ製の寒気のする建物で
入館をココロが強く拒否したので、
同じ敷地内にある旧宅には
入りませんでした。
なので、生垣から覗いて撮影。

佐賀市水ケ江2丁目11-11
(0952)23-2891


f0124733_17514216.jpg
佐賀城・鯱の門

佐賀藩36万石の居城跡。
鯱の門は、弾痕を残していることで有名。
なのに、この後すぐに来た大名行列(イベント)で
すっかり忘れてしまった。
お姫様や殿様をかぶりつきで見学していたら、
槍をもった護衛の者に、
「刺しますよ」と言われた。
時代が時代なら、さらし首になっていたかも・・・

お城は、明治7年の佐賀の役で焼失したので
現在は、佐賀城本丸歴史館として、
当時の御殿の一部を再現して建ててあります。
これが、結構よくできていて、
殿様や姫様の妄想が膨らみました。

佐賀市城内2-18-1
(0952)41-7550

[PR]
by mgrm | 2008-10-23 18:03 | インテリア

ジョージに包まれて (がばい旅行記②)

f0124733_10313170.jpg
子細工、かっこいぃー!!!
組子細工(くみこざいく)とは、
細かく割った木材(ヒノキ・スギなど)を
手作業で組み合わせ、釘などを
いっさい使わずに様々な模様を編んでいく
伝統的な技法をいいます。

旧古賀家は、先に書きました
古賀銀行の頭取の住宅。
町屋ではなく武家屋敷に似た配置をとり
明治期の上流階級の住宅として
みごとな建物です。

f0124733_11251624.jpg


2階の間は、
様々なデザインの障子があって
初めて見るこの構成に
コーフン! (*゚益゚) =3

かっこいい、かっこよすぎる!!!


f0124733_11343836.jpg


シルバーがギラリと光る襖
墨色の壁

ダンディー過ぎるっ (*゚益゚) =3

銀箔の艶かしさ、
人生の酸いも甘いも経験し、
包容力のある墨色の壁は、
ロマンスグレーな
ジョージ・クルーニーみたい♡


ぜひ、ぜひ、ジョージ・クルーニーに包まれてみてください!

■ 旧古賀家
佐賀市柳町3-15
(0952)28-0233



オマケ
f0124733_1143295.jpg

なにげに掲げられていた額。
コレ、勝海舟の書。
だけど、何の説明もなく・・・・
そんなんで、ええんかいっ! 
(*`ε´*)ノ_彡☆
[PR]
by mgrm | 2008-10-21 11:44 | インテリア

カフェオレ空間 (がばい旅行記 ①)

題です    この県は、何県でしょう?

f0124733_16261338.jpg

f0124733_121315.jpg
ヒント:
地図の囲った部分が 「ムツゴロウ」 に見えてくるような・・・



ダンナのいとこの結婚式のため、佐賀県へ。
有田市にはよく行くのですが、佐賀市はお初です。

f0124733_12223117.jpg
歴史民族博物館(旧古賀銀行)


古賀銀行は、明治18年に古賀善平が設立。

内部の大きな吹抜や東西に伸びるカウンター、
外部の三層の塔屋や外壁に貼られた茶褐色の
タイルなど、大正期らしい建築です。

茶色に塗られた柱や天井や窓枠、そして
白色の壁の空間にいると、
自分がカフェオレの中にいるみたい。

そういえば、
「カフェ」が広まったのもこの時代!

佐賀市柳町2-9
(0952)22-6849


[PR]
by mgrm | 2008-10-20 12:42 | インテリア

女丘ダイバーの会

f0124733_1605189.jpgキューバーダイバーだったんだ、ワタシ。
かれこれ、十◎年は、潜ってないかも。
(全然、潜っていないスキューバーダイバーを
丘(おか)ダイバーといいます。)
そんな女子ダイバーの集まり
「女丘ダイバーの会」。

今回は、
「イタリアで今季なかなか収穫がなく
希少価値のフレッシュポルチーニが
入荷しました!」というお誘いメールで
天白区のイタリア料理パスタビーノに決まりっ!


ビールで乾杯!
ワインで乾杯!

ワインとポルチーニのマリアージュ
フレッシュハーブの生パスタ、
意識が遠のく程、ウマウマです。

そして、写真の超レア(らしい)20年もののグラッパで、食後の乾杯!
(飲みだけは、バリバリ体育会系)


楽しい仲間と、美味しいお料理とお酒で撃沈。
海の藻屑となった夜でした。


■イタリア料理パスタビーノ
名古屋市天白区井口1-2012 リバーサイド横地 1F
052-807-8817

[PR]
by mgrm | 2008-10-19 16:23 | 暮らし

秋の夜長ごはん

f0124733_11374055.jpgの虫の音を聞きながら
炭火でお魚を焼いていただきました。

ちょうど、ダンナの実家から
アゴ(飛び魚)や
すぼ(=すぼかまぼこ:まわりに麦わら(麦すぼ)
を巻いて蒸されたかまぼこ。
今は、麦わらのかわりに白いストローです

秋野菜などが送られてきたので
テーブルの上は大賑わいでした。

パチパチとはぜる炭火
とまではいかなかったけど(湿気ってた?)
ゆっくりと焼けていく様を酒の肴に
(本当は、早く食べたくて仕方なかった!)
自然の恵みをおいしくいただきました~♪


f0124733_12431182.jpg

〆は、ほう葉みそで、あっつあつのご飯!

ほぅ~、ごちそうさまっ!

(みその上に、ネギとしいたけ乗っけるの
忘れてた~!!!! (゚Д゚≡゚Д゚) )


[PR]
by mgrm | 2008-10-14 12:46 | 暮らし

SANTI社のヴァルボリチェッラ

f0124733_1144491.gifタリアSANTI(サンティ)社の
ヴァルボリチェッラ3銘柄を飲みくらべ
というセミナーに参加しました。

講師は、カントリーマネージャー
(ってどういう役職だ?)
マウリッツォ・ベルタッチーニ氏。
いかにも、イタリア男って感じの名前です。

写真左
Valpolicella Classico
(ヴァルポリチェッラ・クラッシコ)
フレッシュで繊細、
チェリーやアーモンドを思わせる香り♪


写真中央
"Solane"Valpolicella Classico Superiore Ripasso
("ソラーネ"ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・スーペリオーレ・リパッソ)
バランスの取れた味わい。
熟成したフルーツの香り。
素朴さをもつ。

写真右
Amarone della Valpolicella
(アマローネ・デッラ・ヴァルポリテッラ)
リッチで複雑さを持つ。
ドライフルーツやシナモンを感じさせる。


・・・・らしいです。
チェリーやアーモンド、シナモンやフルーツ???
する?そんな香りするぅ?
うーん、味覚が鈍感なせいか、全然わかりましぇん。
[PR]
by mgrm | 2008-10-09 11:52 | 暮らし

フランフランのシャワーラック

f0124733_12534288.jpgいものと、いらないものを、
ごっそり捨ててきました。
(でも、まだ物が多いと思う・・・←まだ立ち直れてない)
新しく買い換えたものの中で、
フランフランのシャワーラックに物申すっ!!!!

フランフランは、色やデザインがかわいくて、
お値段もお手ごろなことから、買ってはみるものの
「ぬっ!だまされたーーーーーっ!!!(*゚益゚)」
って思うことが、よくあるのよね。

物申す! その1
シャワーホルダーに引っ掛けるんだけど
ストッパーも何も付いていないので、ダーンと勢いよく落ちる。

物申す! その2
ラックのがスカスカなので、
シャンプーや洗顔料が、ダーンと勢いよく落ちる。
(ダンナは、2回、足の上に落ちたらしい)



で、せっかく買ったんだから、買ったばっかりなんだし
何とかせねば・・・ということで ↓↓↓
f0124733_13113843.jpg
シャワーホルダーから落ちないように、
スリコギを差してみましたぁ~
(太さが丁度良かったので・・・ほほほ)

ラックがすっかすかなので、
ワイヤーをぐるぐるまいてみましたぁ

で、スリコギの木目が異様に浮いていたので
ワイヤーの葉っぱをくっつけてみましたぁ~


買い物失敗だと思いたくないので、
お風呂の中に木が生えたと言い聞かせております。
それに、かなりブサイクな出来ですが、
コンタクトを取ってお風呂に入れば見えないしぃ~
(そんなんで、ええんか!)

お風呂の中で森林浴やぁ~~~(by 彦麻呂)
[PR]
by mgrm | 2008-10-08 13:24 | インテリア


カテゴリ
ラブログ♡
タグ
ライフログ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧