まめ福


インテリア と デザイン と くらし
by mgrm
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

河井寛次郎記念館

先日、急にダンナが
「そうだ、京都へ行こう!」
と言い出したので、急いで高速バスの予約をとって
「旅のしおり」を作成。

08:00  名鉄バスセンター「名神京都線」発
10:41  京都烏丸口着
11:30  河井寛次郎記念館
12:30  焼司喜七
12:40  KANO
13:30  尾上竹材店
14:00  細見美術館 ミュージアムショップ
14:30  象彦
15:00  南禅寺
       円山公園
18:13(日没)  高台寺



いつもは、行き当たりばったりの旅ですが、
京都は、なんとなく土地勘もあって、
どれだけの予定をこなせるか!!!という挑戦をしてみたかったので
今回は、綿密に予定を立ててみました~。

高速バスで京都へ行くのは初めてでしたが、
これは、なかなか楽しい!!!
日本刀のような包みを持ち
激怒しながら途中乗車してくるオッサン、
偶然に、相席になった22歳同士の男女が
メアド交換をし、次回会う約束をするまでの一部始終・・・
高速バスの中は、正に人生の縮図です!!!


f0124733_11105881.jpg

さて、最初の行程
「河井寛次郎記念館」

それは、5年以上も行きたかったトコ。
やっと、やっと、念願叶いました。

あ、河井寛次郎とは
明治、大正、昭和の時代の作陶家。
陶芸以外にも、彫刻、デザイン、書、
詩、詞、随筆などでも
すばらしい作品をのこされています。
柳宗悦や棟方志功などと、交流がありました。

f0124733_11113038.jpg



もう、鼻血ブーもんです。

この記念館は、もともと、河井寛次郎さんが、
自邸兼アトリエとして自分で設計、建築。
昭和12年、47歳の時です。

畳に座ってもOK、
椅子に座ってもOKな
この、囲炉裏ステキすぎます。
(囲炉裏フェチです、ワタシ)

f0124733_1112844.jpg

初めて見ました、
こんな造作。
細かなところまで
「美」です!

年月が経つにつれて
家の味や良さが際立ってくる家、
私も将来、
こんな家に住みたいなぁ

f0124733_11114687.jpgf0124733_11122148.jpg


f0124733_1115742.jpg

長靴をはいたような椅子♪
オチャメでキュート!

こういう作品を、
一生懸命作っていたと思うと
愛らしくって、
頬がゆるんじゃいます

f0124733_1115439.jpg


吹き抜けのある2階の書斎に
置かれた椅子。
座面までの高さが
今の一般的な椅子より低いのですが
すごくリラックスできる絶妙な低さ!

床から座面までの約40cmという
一般的な椅子の高さは、本当に、
日本人の体に合ったものなのかと
ギモンに感じられます。

f0124733_11155567.jpg


人差し指を立てている
このモチーフは
寛次郎さんのお気に入り?
その他にも
いろんなバージョンがあります。


f0124733_11152810.jpg

河井寛次郎は、その生涯を通じ
いつも子供のように感動する心を失わず、
ありとあらゆる物と事の中から
喜びを見いだし、そして
何よりも人と人生を
こよなく愛し大切にした人でありました。
(パンフレット抜粋)

昭和41年、76歳でこの世を去りましたが
その心や息遣い、愛が
この自宅や家具などから
すごく伝わってきます。

ワタクシ的、超オススメスポットです。
京都に行かれた際は
ぜひぜひ、行ってみてください♪



河井寛次郎記念館
場所: 京都市東山区五条坂鐘鋳町569
電話: 075-561-3585
開館時間: 10~17時
休館日: 月曜日

河井寛次郎記念館 HPは コチラ

JR京都駅からは、市バス206番系統でいけるけど
私は、もちろん歩き!高瀬川沿いをぶらぶら歩きながら約30分!
[PR]
by mgrm | 2009-04-02 12:05 | インテリア
<< 京都を買って帰りましょう。 初恋の人からの手紙 >>


カテゴリ
ラブログ♡
タグ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧