まめ福


インテリア と デザイン と くらし
by mgrm
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いわてのたび (2日目) 遠野~リアス式海岸

旅館の朝食をもりもりっと食べて (その前にはしっかり温泉を!) いわて2日目の出発!


f0124733_12464288.jpg



f0124733_1247812.jpg


           最初の観光は、国木田独歩の「遠野物語」の舞台の地へ。
           国の重要文化財「南部曲り家 千葉家」。
           約200年前に建てられた豪農のお屋敷で
           飛騨の合掌作りとともに日本十大民家の一つに数えられています。
           高いところに建っているので、威厳たっぷり。
           「のうみん、ちゃんと働け!」と上から見下ろしているようですが、
           千葉さんは、飢饉にそなえて農民のために備蓄するという
           とても立派な豪農なのです。


f0124733_12473162.jpg


        「千葉家」より車で約30分のところにある、カッパ淵。
        遠野へ着くまえの道の駅で、おばあちゃんに岩手のいろんなことを聞いたり、
        思った以上に遠くて時間がかったので、到着予定時刻1時間オーバー。
        駐車場からカッパ淵のある「常堅寺」へ競歩で向かう。
        
        ホントに、カッパが小川のほとりに座っていそう。
        いや、座っていた!!!!?!


f0124733_12503668.jpg

遠野から太平洋側へ出るまでが、
これまた、すごいグネグネの山道。
ダンナの命がけの時短運転でも
やはり、かなわず
13時に、到着予定が、な、なんと15時!!!

最終目的地 「北山崎展望台」に着く頃には
日没15分前!!! ヒイィィィ!!!! (゚ロ゚ノ)ノ
駐車場から展望台まで、猛ダッシュ。

普段の運動不足が呪ってか
じぃさんみたいに咳き込みつつ撮った一枚。



社会で習った「リアス式海岸」。
こんなに素晴らしいものとは!



f0124733_1392723.jpg

           そうこうしている間に、日没。
           かなり、強引に展望台に登ってきたけど、
           こんなに美しい風景を見れましたぁ~ ・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・


「秋の日はつるべ落とし」ほんと、あっという間に日が暮れました。
盛岡市内までもどる道のりは、これまた山道で外灯もなく、真夜中のような暗闇。
東京の18時半といえば、もうひと花さかせられるのに、
こちら岩手は、もう真夜中。それも草木も眠る丑三つ時のレベルです。
そんな真っ暗道を2時間走り、街の光が見えた頃には、
無人島に漂流して1ヶ月後に発見されたかのような気分で、嬉しくて涙が出そうでした。
[PR]
by mgrm | 2010-10-04 13:19 | プチトリップ
<< いわてのたび (2日目夜) 短... いわてのたび (1日目夜) 鶯宿温泉 >>


カテゴリ
ラブログ♡
タグ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧