人気ブログランキング |

まめ福


インテリア と デザイン と くらし
by mgrm
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

原爆が落とされた日

「運命の夏、8時15分。朝凪(あさなぎ)を破るB-29の爆音。青空に開く「落下傘」。そして閃光(せんこう)、轟音(ごうおん)――静寂――阿鼻(あび)叫喚(きょうかん)。

落下傘を見た少女たちの眼(まなこ)は焼かれ顔は爛(ただ)れ、助けを求める人々の皮膚は爪から垂れ下がり、髪は天を衝(つ)き、衣服は原形を止めぬほどでした。爆風により潰(つぶ)れた家の下敷になり焼け死んだ人、目の玉や内臓まで飛び出し息絶えた人――辛うじて生き永らえた人々も、死者を羨(うらや)むほどの「地獄」でした。」

平和祈念式での秋葉市長の平和宣言のはじまりの文です。

小学生の頃、「はだしのゲン」を読んだり
「にんげんをかえせ」という映画をみて
上記のような風景が脳裏に焼きついていました。
そのせいか、広島に住むことになった今、
路面電車に乗るたびに
つり革につかまったまま焼け死んだ人のことや
石畳に並べられた真っ黒に焼け焦げた死体の映像が
目の奥に写ります。

「唯一の被爆国である日本国政府には、まず謙虚に被爆の実相と被爆者の哲学を学び、それを世界に広める責任があります。同時に、国際法により核兵器廃絶のため誠実に努力する義務を負う日本国政府は、世界に誇るべき平和憲法をあるがままに遵守し、米国の時代遅れで誤った政策にははっきり「ノー」と言うべきです。」

8時15分
爆心地から1.5㌔程しか離れていない我が家から
戦争がなくなり、戦争によって流される涙がなくなることを
心からお祈りしました。


平和宣言の全文です
http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1110537278566/index.html

   今でも原爆で苦しん人でいる方が多くいることを
   忘れてはいけません。
by mgrm | 2007-08-06 17:56 | 暮らし
<< 皆既月食 夏休み! >>


カテゴリ
ラブログ♡
タグ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧