まめ福


インテリア と デザイン と くらし
by mgrm
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

雨の日の風景

f0124733_1295026.jpgレーの空から冷たい雨粒。
最近、冷たい雨の日が多いですね。

いつの頃からか
雨の日はキライになってました。
ある建築を見るまでは。


f0124733_1210084.jpg浜松市にある「秋野不矩美術館
その美術館を訪れた時も
今日のように雨でした。
設計は、藤森照信さん(※1)
雨に濡れる漆喰の外壁がとても美しかった。
天気によって、表情がこんなに変わる、
そして、雨によってこんなに美しくなる建物を初めてみたのです。
この美術館を見てからは、
雨の日は雨の日なりの
美しい景色を探しています。

f0124733_12101343.jpg今日の冷たい雨の中いつも行く図書館に。
ロビーには、市民ギャラリーがあり
いつも目を楽しませてくれます。

「こどもの絵画展ー20年の歩み」 (※2)

これら、小さなアーティスト達は
今は大人になっています。
そう、
子供の頃に描いた絵が
時を越えて、今、展示されているのです。

f0124733_12102456.jpgタイムカプセルのようなステキな企画!
もちろん、
そこには自分の描いた絵はないけれども
私も一緒に子供の頃にタイムスリップ!
大胆な構図や、鮮明な色使い。
子供の頃の発想は、自由だったのよね。
何も、縛られず、上手く描こうと思わず。
気の赴くままに、
気持ち良く線をぐんぐん延ばしてゆく・・・・

今日も、雨の日が好きになる景色を見つけました。


※1 藤森照信san (建築家)
http://tampopo-house.iis.u-tokyo.ac.jp/
お家の屋根にタンポポが咲く「タンポポ・ハウス」、屋根の頂上に松が伸びる「一本松ハウス」 、ゲゲゲの鬼太郎の家みたいな、木の上にあるお茶室「高過庵」。子供の頃、夢に描いた家を実際に建てちゃう、そんなファンタスティック建築家。大好きな建築家さんです。



※2 「こどもの絵画展ー20年の歩み」
http://www.ph-hyogo.com/rs/
姫路市にあるギャラリールネッサンス・・スクエアの開館20周年記念展の巡回展示。



にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by mgrm | 2008-01-23 12:51 | デザイン
<< 理想の 「 だいどこ 」 バスルームでパスタのススメ! >>


カテゴリ
ラブログ♡
タグ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧