人気ブログランキング |

まめ福


インテリア と デザイン と くらし
by mgrm
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

見えない仕切り その2

壁などで、空間を分けているわけじゃないのに、
空間に仕切りをつけるもの
玄関、床の間、簾、屏風・・・

大阪で、コルビジェのリトグラフを見に行った時のこと
展示室と特別商談室の仕切りには、
床上1m60cmまで下げられたロールカーテンが使われていた。
通常の出入り口は2mだから、それよりもう少し下。
少し頭を下げれば、入っていける高さなのに、
思わず、足を止めてしまう。
かといって、そこには、ドアも壁もないから、
空間としてはつながっている。

「ここからは、立入禁止なんです」とやんわりとした断り方は
茶室建築の関守石(※)にみられるような
日本人の奥ゆかしさに通じているのではないか!
と独りしみじみ感心してしまいました。

※関守石:径6~10cm程度の丸形の石の五郎太石(ごろたいし)を棕櫚縄(しゅろなわ)で十字に結んだもの。留石ともいい、飛石の上に置かれ、結界を示す。関守石が飛石の上に置かれている場合、客はここから先には入らないでほしいという、亭主の気持ちを表す。(建築知識[スーパームック]和風デザイン図鑑 参照)
by mgrm | 2005-09-01 09:38 | インテリア
<< 網戸の張り替え 見えない仕切り その1 >>


カテゴリ
ラブログ♡
タグ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧